Reuters logo
【中国の視点】英国、EU離脱後は欧州最大のタックスヘイブンになるか
2017年6月14日 / 00:31 / 3ヶ月前

【中国の視点】英国、EU離脱後は欧州最大のタックスヘイブンになるか


*09:26JST 【中国の視点】英国、EU離脱後は欧州最大のタックスヘイブンになるか
英国が欧州連合(EU)から離脱した後は、欧州における最大のタックスヘイブン(租税回避地)になると予測されている。

同国のフィリップ・ハモンド財務大臣はこのほど、英国がEU単一市場へのアクセスが出来なくなった場合、英国がなすべきことを為すと発言していた。

中国の専門家は、EU離脱後の英国がEU単一市場へのアクセスができなくなる可能性が高いと予測。英国が国際競争力を維持するため、法人税率の引き下げや経済協力開発機構(OECD)加盟国に対し、英国との金融業務を規制するとの見方を示した。また、EU離脱をめぐる協議の中で、商品や人の移動の自由が認められなくなった場合、英国がタックスヘイブンに変身し、自国の競争力を高める手法に傾けると指摘された。

英国の法人税率は現在20%となり、主要7カ国(G7)の中で最も低いといわれている。英政府は、2020年までに法人税率を17%まで引き下げると発言しており、一部の市場関係者は、英政府が最終的に15%まで引き下げると予測した。

なお、メイ英首相は昨年、同国の法人税率を主要20カ国・地域(G20)の中で最も低い水準まで引き下げる意向を示していた。英政府は今月19日からEU離脱をめぐる交渉を開始する見通しだ。
《AN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below