Reuters logo
マザーズ指数は反発、中小型株の循環物色続く、グレイスやDDSがストップ高
2017年2月8日 / 07:54 / 7ヶ月前

マザーズ指数は反発、中小型株の循環物色続く、グレイスやDDSがストップ高


*16:48JST マザーズ指数は反発、中小型株の循環物色続く、グレイスやDDSがストップ高
 本日のマザーズ市場では、足元で個人投資家の資金回転が利いていることもあり、中小型株の循環物色の流れが続いた。週末の日米首脳会談を前に主力大型株で手控えムードが強まっていることから、個人投資家の物色は中小型株に向かっている。本日は日経平均が底堅い展開だったことも支援材料となった。なお、マザーズ指数は反発、売買代金は概算で877.72億円。騰落数は、値上がり144銘柄、値下がり73銘柄、変わらず11銘柄となった。
 個別では、マザーズ売買代金トップのアクセルマーク3624が15%近い上昇となった。引き続き第1四半期の黒字転換が好感されたうえ、開発中の新規ゲームに絡んだ期待や思惑もあったようだ。ミクシィ2121、マイネット3928、FFRI3692、エボラブルA6191などその他売買代金上位も全般上昇し、メドピア6095は12%高と急反発した。前日決算発表したグレイス6541や、フォーライフ3477、リアルコム3856はストップ高水準まで買われた。DDS3782は今期の業績拡大見通しや「継続企業の前提に関する重要事象等」の記載解消が好感されストップ高比例配分となった。一方、SOSEI4565、Jストリーム4308、メタップス6172は小安い。また、前日買われていた東京ベース3415、アンビション3300、アライドアーキ6081は利益確定売り優勢でマザーズ下落率上位に並んだ。
《HK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below