Reuters logo
マザーズ指数は大幅に3日続落、イベント控え手仕舞いの動き、IPOファイズは初値持ち越し
2017年3月15日 / 08:40 / 7ヶ月前

マザーズ指数は大幅に3日続落、イベント控え手仕舞いの動き、IPOファイズは初値持ち越し


*17:39JST マザーズ指数は大幅に3日続落、イベント控え手仕舞いの動き、IPOファイズは初値持ち越し
 本日のマザーズ市場では、かねて高値警戒感やIPOラッシュの需給面への影響が意識されていたこともあり、米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表やオランダ議会選挙などの重要イベントを前に手仕舞いの動きが強まった。後場に入り大きく値を崩した銘柄が多く、マザーズ指数も急速に下げ幅を広げた。なお、マザーズ指数は大幅に3日続落、下落率は3%を超え25日線を割り込んだ。売買代金は概算で1133.15億円。騰落数は、値上がり28銘柄、値下がり200銘柄、変わらず3銘柄となった。
 個別では、マザーズ売買代金トップのSOSEI4565が6%近く下げたほか、GNI2160、ミクシィ2121、チェンジ3962、アカツキ3932などが下落。SOSEIは上値の重さが嫌気されるなどして下げ足を速めた。また、足元で急ピッチの上昇が続いていたDDS3782が一転ストップ安まで売られ、INSPEC6656、ITBOOK3742、Aiming3911も10%を超える大幅安となった。Aimingは新作ゲームのサービス開始による材料出尽くし感もあったようだ。一方、エルテス3967、モバファク3912、レノバ9519、FFRI3692などが上昇。エルテスはエストニア企業との提携が材料視された。また、前日の一部報道を受けて政策期待の高まったクラウドW3900は連日の大幅高となった。
 なお、本日マザーズ市場へ新規上場したファイズ9325は買い気配のまま初値が付かなかった。
《HK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below