Reuters logo
マザーズ指数は続伸、主力株へ資金シフトもIPO銘柄などは活況
2017年3月24日 / 10:05 / 6ヶ月前

マザーズ指数は続伸、主力株へ資金シフトもIPO銘柄などは活況


*19:02JST マザーズ指数は続伸、主力株へ資金シフトもIPO銘柄などは活況
 本日のマザーズ市場は、日経平均が想定以上に強い動きとなるなかで、中小型株への関心がやや薄れる状況とはなったが、大引けにかけてはJASDAQ平均とともにやや上げ幅を広げる展開となった。好材料の出た銘柄への値幅取りの動きが活発化したほか、引き続きIPO銘柄の活況状態も継続する格好になっている。なお、マザーズ指数は続伸、売買代金は概算で1262.40億円。騰落数は、値上がり141銘柄、値下がり84銘柄、変わらず8銘柄となった。
 個別では、エボラブルA6191が急伸、ベトナム法人が電通とジョイントベンチャー設立と伝わった。また、引け後には東証1部への市場変更が発表されている。アスカネット2438は高速道路での逆走対策技術に選定されたことが材料視されて急伸。REMIX3825も大幅高となる。本日はオロ3983とソレイジア・ファーマ4597が新規上場、ともに公開価格を上回る初値を示現、オロは初値示現後に伸び悩んだが、ソレイジア・ファーマは高寄り後も上値を伸ばした。直近上場銘柄である力の源HD3561も続伸。一方、DDS3782は前日に買い上げられた反動で安く、直近上場銘柄ではIIF6545、うるる3979、ビーグリー3981などが軟化。カヤック3904などもさえない。
《KS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below