Reuters logo
マザーズ指数は一時1000ポイントの大台割れも、短期的な下げ達成感につながる
2017年4月7日 / 08:48 / 5ヶ月前

マザーズ指数は一時1000ポイントの大台割れも、短期的な下げ達成感につながる


*17:39JST マザーズ指数は一時1000ポイントの大台割れも、短期的な下げ達成感につながる
 本日のマザーズ市場では、外部環境の改善を映して押し目買いの動きが優勢となった。米国がシリアにミサイルを発射と伝わったことで、地政学リスクの台頭から前引けにかけては急速に値を崩し、一時はマザーズ指数が2月13日以来の節目1000ポイント割れとなる場面も見られた。ただ、市場の混乱はすぐに収まり、1000ポイント割れが下げ達成感にもつながる格好になったようだ。なお、マザーズ指数は反発、売買代金は概算で1168.13億円。騰落数は、値上がり150銘柄、値下がり76銘柄、変わらず9銘柄となった。
 個別では、直近IPO銘柄でもあるファイズ9325が大幅高。ヤマト運輸がアマゾンの当日配送撤退との報道で思惑が高まったもよう。また、メドレック4586は痙性麻痺治療貼付剤のライセンス契約締結で急騰。サイバーダイン7779は国内証券の買い推奨が手掛かり材料視され、ミクシィ2121やSOSEI4565などの主力株もしっかり。ソレイジア4597、GNI2160、ティーケーピー3479などの売買代金上位銘柄も堅調。一方、DDS3782は株式保有先である中国企業の買収案件が中止で売られる。シャノン3976、WASHハウス6537、アスカネット2438、ビーグリー3981、IIF6545などもさえない。
 なお、前日に新規上場、初値持ち越しとなっていたテモナ3985は、公開価格の約3.2倍となる8050円で初値をつけた。
《KS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below