Reuters logo
想定通りに売り一巡後は底堅く
2014年8月1日 / 12:12 / 3年前

想定通りに売り一巡後は底堅く


*12:09JST 想定通りに売り一巡後は底堅く
 日経平均は続落。52.26円安の15568.51円(出来高概算11億6000万株)で前場の取引を終えた。7月31日の米国市場ではNYダウが300ドルを超える下落となる流れを受けて、シカゴ先物清算値にサヤ寄せする格好から始まった。しかし、ソニー6758が買い気配スタートとなるなど、好決算銘柄へは資金が向かっており、市場は冷静な対応。為替市場では円相場は1ドル102円90銭と円安に振れていることもあり、日経平均は売り一巡後には一時15602.13円まで戻す局面をみせている。
 東証1部の騰落銘柄は、値下がり数が1200を超えており、全体の7割近くを占めている。規模別指数では大型、中型、小型株指数ともに下落。セクターではガラス土石、電力ガス、空運などがしっかり。一方で、海運、その他金融、金属製品、保険、卸売、機械などが冴えない。
 日経平均は想定されていた感はあったが、底堅い値動きをみせている。外部要因に対して主要企業の好決算銘柄の強い値動きが安心感につながっている。材料系の銘柄でもコロプラ3668やサイバダイン7779の強い値動きが個人の需給の良さを映している。
 とはいえ、下方修正やコンセンサスを下回った銘柄には売りが集中するため、先回り的な売買は限られている。そのため、決算通過で安心感のある銘柄や好業績が確認されている銘柄での値幅取り狙いになろう。そのほか、JPX日経400の銘柄入れ替えが接近しており、高ROE銘柄への関心が高まりやすい。また、政策期待の高まりから、建設などの関連銘柄への物色も継続しそうだ。(村瀬智一)
《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below