Reuters logo
為替変動を意識しつつ内需系に
2015年6月11日 / 03:18 / 2年前

為替変動を意識しつつ内需系に


*12:11JST 為替変動を意識しつつ内需系に
 日経平均は大幅に反発。288.80円高の20335.16円(出来高概算10億7000万株)で前場の取引を終えている。欧米市場の上昇の流れを受けて買いが先行し、寄り付き直後に20200円を回復した日経平均は、その後もインデックスに絡んだ資金が流入し、一時20352.20円まで上げ幅を拡大させている。
 セクターでは陸運が3%を超える上昇となったほか、小売、銀行、食料品、建設、パルプ紙、非鉄金属、不動産、精密などが堅調。一方で、鉱業、繊維、石油石炭が利食いに押されている。東証1部の騰落銘柄は、値上がり数が全体の8割を占めている。売買代金上位では、メガバンク3行のほか、トヨタ自7203、ファーストリテ9983、ソニー6758、ソフトバンク9984などが堅調。半面、ファナック6954、SoseiG4565、東レ3402などが冴えない。

 前日に一気に1ドル122円台に円高・ドル安方向に振れた円相場が1ドル123円前半に押し戻されていることが安心感につながっている。また、直近の不安定な値動きの中で、日経平均の2万円処での底堅さが意識されていたことで、押し目狙いの動きもあったようである。そのほか、明日の先物オプション特別清算指数算出(メジャーSQ)を前に、オプション権利行使価格の20125円、20250円などをあっさり回復してきたことで、ヘッジに伴うインデックス売買なども入っているようである。
 日経平均は5日線を捉えてきており、そろそろ上値追いは慎重になりやすいだろう。ただし、メジャーSQを前に仕掛け的な商いはなさそうだが、権利行使価格の20375円に接近する局面ではオーバーシュート気味な動きにつながる可能性もあるため、先物の動向には注視しておきたい。また、インデックス主導の動きのため、中小型株などは手掛けづらいだろう。前場同様、為替変動を意識しつつ、内需系に向かいやすい。(村瀬智一)
《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below