Reuters logo
日経平均は反発、戻り鈍く仕掛け的な売りが警戒されやすい
2017年4月5日 / 03:22 / 6ヶ月前

日経平均は反発、戻り鈍く仕掛け的な売りが警戒されやすい


*12:16JST 日経平均は反発、戻り鈍く仕掛け的な売りが警戒されやすい
 日経平均は反発。51.43円高の18861.68円(出来高概算9億4000万株)で前場の取引を終えた。原油相場の上昇を手掛かりとした米国株高の流れを受けて、買い先行で始まった。ただし、寄付き直後につけた18941.94円を高値に、その後は前日比変わらず水準まで上げ幅を縮めるなど、18900円を挟んでのこう着感の強い相場展開となった。

 東証1部の騰落銘柄は、値上がり、値下がり数が拮抗しているほか、セクターでは精密機器、陸運、卸売、水産農林が上昇する半面、輸送用機器、保険、銀行、ゴム製品、証券が冴えないなど、まちまちの展開に。売買代金上位ではファナック6954、ソフトバンクG9984、NTT9432、ファイズ9325、大東建託1878が上昇。一方で、任天堂7974、トヨタ自7203、三井住友8316、ソニー6758、日産自7201が冴えない。

 日経平均は反発して始まったが、5日線に上値を抑えられる格好となり、その後はこう着感の強い相場展開をみせている。物色対象も定まり難く、高安まちまちの展開となり、リバランスとみられる商いにとどまっているようである。また、地政学リスクの高まりのほか、このところみられている午後からの売り圧力への警戒もありそうだ。とりわけTOPIXは0.06%高と僅かに上昇するなか、日銀のETF買い入れは期待できない。下支え要因がないなかで、仕掛け的な売りも警戒されやすいだろう。

 また、中小型株については、マザーズ、JASDAQが下げに転じており、戻りの鈍さを嫌気した換金売り等も意識されてくる可能性がある。直近の利食いから支持線が抵抗線として意識されている可能性もあり、戻りの鈍い銘柄へは短期筋の売り仕掛けも入りやすいだろう。(村瀬 智一)
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below