Reuters logo
日経平均は反落、金融株こう着なら再び中小型株へ
2017年6月28日 / 03:24 / 3ヶ月前

日経平均は反落、金融株こう着なら再び中小型株へ


*12:16JST 日経平均は反落、金融株こう着なら再び中小型株へ
 日経平均は反落。58.88円安の20166.21円(出来高概算9億8000万株)で前場の取引を終えた。欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が大規模緩和を縮小する可能性を示唆したとの見方からユーロ買いが広がった。米国では予想を上回る経済指標等の影響もあって長期金利が上昇。原油相場の上昇も材料視された。

 米国市場の流れからハイテク株には売りが先行するものの、長期金利上昇や円安、原油高等を受けて、銀行や鉱業、卸売などに資金がシフトする格好となった。東証1部の騰落銘柄は値下がり数が1100を超えて過半数を占めているが、全体としては底堅さが意識される。

 日経平均は5日線レベルでのこう着となっている。ハイテク株等が利食いに押されているが、金利上昇を受けて金融セクターに資金がシフトしており、理想的な循環であろう。また、主力処の出遅れ修正といった格好にもなり、金融のリバウンドにより、中小型株への物色はやや一服といった格好である。

 ただ米国では経済指標の発表が相次ぐため、結果を見極めたいとする模様眺めムードが意識されてこよう。金融株がこう着感を強めてくるようだと、中小型株へシフトしよう。(村瀬智一)
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below