Reuters logo
日経平均は続伸、新興市場から東証1部や東証2部の低位株や出遅れ銘柄に
2017年7月4日 / 03:23 / 3ヶ月前

日経平均は続伸、新興市場から東証1部や東証2部の低位株や出遅れ銘柄に


*12:13JST 日経平均は続伸、新興市場から東証1部や東証2部の低位株や出遅れ銘柄に
 日経平均は続伸。85.41円高の20141.21円(出来高概算8億8000万株)で前場の取引を終えている。3日の米国市場は、6月ISM製造業景況指数が予想を上回ったほか、原油相場の上昇が好感され、NYダウは129ドル高となった。この流れを受けて、シカゴ日経225先物清算値は大阪比75円高の20145円。円相場は1ドル113円35銭辺りと円安に振れて推移するなか、買い先行で始まった。

 しかし、4日の米国市場は独立記念日の祝日で休場となるなか、海外勢のフローは限られている。そのため、日経平均は寄付き直後の20197.16円を高値に、こう着感の強い相場展開が続いている。そんななか、個人主体の売買は活発であり、マザーズ指数、JASDAQ平均はマイナスながらも、ピンポイントで急伸する銘柄が目立っている。また、低位材料株等へも値幅取り狙いの資金が向かっている。

 日経平均は引き続きこう着感の強い流れが続こう。個人主体の売買では、新興市場の中小型株へは銘柄が絞られてきており、一部の銘柄に資金が集中する流れに。値がさ株の多いマザーズから、東証1部や東証2部の低位株や出遅れ銘柄に資金がシフトしているようにも見える。

 低位材料株についてはやや仕手系色の強い銘柄もあり、割り切りスタンスといったところ。東証2部については、相対的な出遅れも意識されやすく、調整一巡の銘柄などには、思惑的な資金が向かいそうだ。(村瀬智一)
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below