Reuters logo
日経平均は小幅続落、2万円接近では戻り待ちの売り圧力も
2017年7月7日 / 03:18 / 3ヶ月前

日経平均は小幅続落、2万円接近では戻り待ちの売り圧力も


*12:13JST 日経平均は小幅続落、2万円接近では戻り待ちの売り圧力も
 日経平均は小幅に続落。28.28円安の19965.78円(出来高概算7億6000万株)で前場の取引を終えた。6日の海外市場では欧州が金融緩和の縮小観測を受けて下落したほか、米国ではADP雇用統計が予想を下回ったことで米景気減速への懸念から終日軟調推移となった。この流れを受けて売りが先行で始まったが、円相場が円安に振れて推移するなか、日経平均は寄付きの19856.65円を安値に、その後はじりじりと下げ幅を縮めている。

 東証1部の騰落銘柄は、値下がり数が1100を超えており、全体の過半数を占めている。セクターでは、水産農林、不動産、その他金融が軟調となる半面、保険、鉄鋼、輸送用機器が小じっかり。指数インパクトの大きいところでは、日東電6988、東エレク8035、ダイキン6367、信越化4063が下支えとなっている。

 米国では雇用統計の発表を控えているほか、7-8日の20カ国・地域(G20)首脳会議(ハンブルク・サミット)を控えて、米トランプ大統領と独メルケル首相による米独の対立の行方を見極めたいとする、模様眺めムードが強まりやすい。円相場が円安に振れており、売り込みづらくさせているが、インデックスに絡んだリバランスが中心であり、中小型株についてもまちまちのなか、手掛けづらい相場展開になりそうだ。また、日経平均の2万円接近では戻り待ちの売り圧力なども意識されてきそうである。

 テクニカル面ではボリンジャーバンドの-2σ水準まで下げており、いったんは下げ止まりが意識されるところである。ただ、2万円から積極的に上値を買ってくる流れにはなりづらいところである。(村瀬智一)
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below