Reuters logo
日経平均は反落、一時プラス転換も上値追いは限定的
2014年10月23日 / 15:37 / 3年前

日経平均は反落、一時プラス転換も上値追いは限定的


*15:34JST 日経平均は反落、一時プラス転換も上値追いは限定的
日経平均は反落。前日の大幅高の反動に加え、米国市場でNYダウがリスク回避の動きから下落した流れを受けて、東京市場は売り先行で取引を開始。その後、前引けにかけて先物主導で下げ幅を縮小し、後場には一時プラス圏に浮上する場面があったが、上値追いの動きは限定的で再度弱含む展開となった。

大引けの日経平均は前日比56.81円安の15138.96円となった。東証1部の売買高は20億1418万株、売買代金は1兆7730億円と低調だった。業種別では、その他金融業、石油・石炭製品、非鉄金属が下落率上位となった。一方、海運業、空運業、鉱業が上昇率上位となった。

個別では、ソフトバンク9984、三井住友8316、富士フイルム4901、ファーストリテ9983などが軟調だった。その他では、中間決算発表で通期計画を据え置いたことがネガティブ視された日本電産6594が売り優勢となったほか、エアバッグ不具合への懸念拡大からタカタ7312が6%超の下落。リクルートHD6098や大塚HD4578も下げが目立った。一方、トヨタ自7203、ファナック6954、三菱UFJ8306などは小幅高に。京都大学iPS細胞研究所との共同研究が報じられたアイロムHD2372は10%超の上昇。また、出資先がIPOを検討と伝わった塩野義4507も上げが目立った。
《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below