Reuters logo
日経平均は6日続伸、円安進行で自動車株などに買い
2016年11月24日 / 06:46 / 10ヶ月前

日経平均は6日続伸、円安進行で自動車株などに買い


*15:40JST 日経平均は6日続伸、円安進行で自動車株などに買い
日経平均は6日続伸。日本が祝日中の米国市場では、NYダウが連日で最高値を更新して初めて19000ドル台に乗せた。また、米経済指標の予想上振れや12月利上げ観測が強まったことなどを受けて為替市場で1ドル=112円台まで円安が進み、日経平均はこうした流れから166円高でスタートした。ただ、本日の米国市場は感謝祭の祝日で休場となるうえ、短期的な過熱感もあり、寄り付き後の日経平均は18300円台でこう着感の強い展開となった。日中の上下の値幅は約72円にとどまった。

大引けの日経平均は前営業日比170.47円高の18333.41円となった。東証1部の売買高は23億6753万株、売買代金は2兆6183億円だった。業種別では、鉄鋼や輸送用機器の上昇が目立ったほか、不動産業、ゴム製品も上昇率上位に顔を出した。一方、医薬品、石油・石炭製品、化学が下落率上位だった。

個別では、トヨタ自7203が売買代金トップで4%を超える上昇となったほか、富士重7270やマツダ7261といった自動車株が円安進行を受けて大きく買われた。一部証券会社の目標株価引き上げが観測された新日鉄住金5401は5%高となり、他の鉄鋼株も強い動きが目立った。映画「この世界の片隅に」のヒットで関心を集めているテアトル9633は連日の大幅高。その他売買代金上位では三井住友8316、ソフトバンクG9984、KDDI9433が小高い。また、カルソカンセ7248は米投資ファンドによる株式公開買付け(TOB)の価格にサヤ寄せする形でストップ高比例配分となり、日本アジア投資8518や市光工7244とともに東証1部上昇率上位に並んだ。一方、三菱UFJ8306、ソニー6758、三菱商事8058などがさえず、みずほ8411は小幅安。信越化4063は2%の下落となった。また、エーザイ4523が競合薬の試験結果を受けて7%安と急落し、トランザクショ7818やヨロズ7294などとともに東証1部下落率上位に顔を出した。
《HK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below