Reuters logo
日経平均は大幅続伸、円安好感し終値ベースの昨年来高値更新
2017年3月10日 / 07:13 / 6ヶ月前

日経平均は大幅続伸、円安好感し終値ベースの昨年来高値更新


*16:11JST 日経平均は大幅続伸、円安好感し終値ベースの昨年来高値更新
 

日経平均は大幅続伸。本日発表が予定されている米2月雇用統計への期待や米債券利回りの上昇を受け、円相場は朝方に節目の1ドル=115円台に乗せており、本日の日経平均は円安を好感して126円高からスタートした。メジャーSQ(先物・オプション特別清算指数)を通過して寄り付き後も上げ幅を広げ、取引時間中としては1週間ぶりに19500円台を回復すると、その後はじり高の展開が続いた。大引けにかけて19600円台に乗せ、1月4日以来約2ヶ月ぶりに終値ベースの昨年来高値を更新した。

大引けの日経平均は前日比286.03円高の19604.61円となった。東証1部の売買高は22億6716万株、売買代金は2兆9483億円だった。業種別では、保険業、証券、空運業、医薬品が上昇率上位だった。一方、下落したのは鉄鋼と海運業の2業種のみだった。

個別では、三菱UFJ8306、トヨタ自7203、ファーストリテ9983、三井住友8316、東芝6502など売買代金上位は全般堅調。ソフトバンクG9984や任天堂7974もしっかり。ソニー6758、第一生命HD8750、野村8604は3%超上昇した。一部証券会社の投資評価引き上げが観測されたリクルートHD6098や大塚HD4578は上げが目立った。また、ザッパラス3770、星光PMC4963、ミライアル4238などが東証1部上昇率上位となった。一方、売買代金上位では三菱商事8058がさえない。前日のNY市場で原油先物相場が50ドルの大台を割り込み、その他商品市況も軟調で関連銘柄の下げが目立った。また、ハウスドゥ3457、クミアイ化4996、アルファCo3434などが東証1部下落率上位となった。
《HK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below