Reuters logo
日経平均は反発、米軍のシリア攻撃を受けて防衛関連は荒い値動きに
2017年4月7日 / 07:27 / 6ヶ月前

日経平均は反発、米軍のシリア攻撃を受けて防衛関連は荒い値動きに


*16:21JST 日経平均は反発、米軍のシリア攻撃を受けて防衛関連は荒い値動きに
日経平均は反発。前日の大幅な下げに対する自律反発から始まった。買い一巡後はこう着感の強い相場展開となるなか、米軍が巡航ミサイル「トマホーク」59発をシリアの同国軍施設に発射し、対シリア攻撃を行った。との報道を受けて、一時18517.43円まで下げる場面をみせた。ただ、後場は再びプラス圏を回復するなど落ち着き、上げ幅が3ケタとなる場面もみられた。大引けにかけては米雇用統計のほか、米中首脳会談を控えていることもあり、やや上げ幅を縮めている。

大引けの日経平均は前日比67.57円高の18664.63円となった。東証1部の売買高は24億145万株、売買代金は2兆7654億円だった。業種別では、鉱業、石油石炭、小売、その他金融、不動産、繊維、海運、パルプ紙が堅調。半面、空運、その他製品が小幅に下落している。

個別では米軍のシリア攻撃を受けて、石川製作6208など防衛関連に個人主体の資金が集中しており、が値動きの荒い展開となった。その他、遠州トラック9057、アール・エス・シー4664、メドレックス4586、シーズメン3083、細谷火工4274など新興市場銘柄が値上り率上位を占めていた。
《TM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below