Reuters logo
日経平均は続伸、円安好感も地政学リスクの高まりが重し
2017年4月10日 / 06:55 / 5ヶ月前

日経平均は続伸、円安好感も地政学リスクの高まりが重し


*15:50JST 日経平均は続伸、円安好感も地政学リスクの高まりが重し
日経平均は続伸。米3月失業率の低下やダドリーNY連銀総裁がバランスシート縮小に言及したことを受けて、米長期金利の上昇とともに円相場が一時1ドル=111円台半ばまで下落。警戒されていた米中首脳会談を通過したこともあり、週明けの日経平均は135円高からスタートした。前場には一時18850.80円(前週末比186.17円高)まで上昇したものの、買いが一巡すると18800円を挟んでのもみ合いが続いた。北朝鮮・シリア情勢を巡り地政学リスクの高まりが意識され、積極的な売買は手控えられた。

大引けの日経平均は前週末比133.25円高の18797.88円となった。東証1部の売買高は17億3234万株、売買代金は1兆9299億円だった。業種別では、鉄鋼、銀行業、その他金融業が上昇率上位だった。一方、水産・農林業、鉱業、食料品が下落率上位だった。

個別では、三菱UFJ8306、トヨタ自7203、三井住友8316、みずほ8411などが堅調で、任天堂7974やソフトバンクG9984は小幅に上昇した。東芝6502は日本企業連合による同社半導体事業への出資計画が報じられ6%を超える上昇。SUBARU7270やマツダ7261は円安を好感して2%前後上昇し、SUMCO3436は4%超高と急反発した。また、米社との共同研究開発を発表したPD4587のほか、エスクローAJ6093や大有機化4187がストップ高まで買われた。防衛関連の石川製6208も東証1部上昇率上位に顔を出した。一方、7&iHD3382、ファナック6954、ブリヂス5108、ニトリHD9843などが小安い。業績予想を下方修正した島忠8184は4%近い下落。また、通期決算を発表した久光薬4530や、一部証券会社が投資評価を引き下げたロート薬4527がFブラザーズ3454などとともに東証1部下落率上位に顔を出した。
《HK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below