Reuters logo
日経平均は小幅続落、好決算銘柄が買われ下げ幅縮小
2017年5月15日 / 06:49 / 5ヶ月後

日経平均は小幅続落、好決算銘柄が買われ下げ幅縮小


*15:39JST 日経平均は小幅続落、好決算銘柄が買われ下げ幅縮小
日経平均は小幅続落。12日の米国市場では小売企業の決算が嫌気されたほか、低調な経済指標を受けて景気鈍化の懸念が拡大し、NYダウは22ドル安となった。為替相場も1ドル=113円台前半とやや円高に振れ、本日の日経平均は130円安でスタートした。寄り付き後は好決算銘柄などが買われて下げ幅を縮めたが、本日発表が予定されていたメガバンクの決算を見極めたいなどといった思惑もあり、戻りが一服すると小幅安水準でのもみ合いが続いた。ただ、引けにかけてやや強含み、本日の高値で取引を終えた。

大引けの日経平均は前週末比14.05円安の19869.85円となった。東証1部の売買高は21億5577万株、売買代金は2兆6519億円だった。業種別では、鉄鋼、鉱業、石油・石炭製品が下落率上位だった。一方、不動産業や水産・農林業は3%を超える上昇となった。

個別では、ソフトバンクG9984、三菱UFJ8306、トヨタ自7203、ソニー6758、三井住友8316などがさえない。三菱ケミHD4188は4%安と売りが継続し、セガサミーHD6460やいすゞ自7202は決算を受けて急落した。また、川田TECH3443、ヴィアHD7918、名村造船7014などが東証1部下落率上位となった。一方、任天堂7974はしっかり。スマートフォンゲームに関する一部報道が材料視され、ディーエヌエー2432も買われた。前週末に決算発表した日立6501、スズキ7269、資生堂4911などが急伸し、前期業績見通しを公表した東芝6502は荒い値動きながら3%超高となった。また、日本郵政6178が買収検討と報じられた野村不HD3231がストップ高比例配分となり、WDB2475や大倉工4221などとともに東証1部上昇率上位に顔を出した。
《HK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below