Reuters logo
日経平均は反発、米株高を好感も円安進まず伸び悩み
2017年6月29日 / 06:35 / 3ヶ月前

日経平均は反発、米株高を好感も円安進まず伸び悩み


*15:30JST 日経平均は反発、米株高を好感も円安進まず伸び悩み
日経平均は反発。米国ではドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁の発言や主要経済指標を受けた長期金利の上昇が続き、28日には金融株が買われたほか、ハイテク株にも買い戻しが広がった。NYダウは143ドル高となり、本日の日経平均も米株高の流れを受けて130円高からスタートした。ただ、年初来高値に迫る水準では利益確定の売りが出やすく、また対ドルでの円安がさほど進んでいないこともあって寄り付き後は伸び悩んだ。日経平均の上下の値幅は約69円にとどまり、引き続きこう着感の強い展開だった。

大引けの日経平均は前日比89.89円高の20220.30円となった。東証1部の売買高は19億5041万株、売買代金は2兆4419億円だった。業種別では、鉄鋼、その他製品、証券が上昇率上位だった。一方、ゴム製品、繊維製品など4業種のみ小幅に下落した。

個別では、売買代金トップの任天堂7974が2%超上昇したほか、三菱UFJ8306、三井住友8316、みずほ8411、ソフトバンクG9984などがしっかり。トヨタ自7203は小幅に上昇。Jフロント3086は第1四半期決算が好感されて大きく買われ、黒田電7517は株主提案が可決して後場急伸する場面があった。コマツ6301やJFE5411といった景気敏感株の一角も上げが目立った。また、大光3160、ジンズメイト7448、土木管理試験所6171などが東証1部上昇率上位となった。一方、東エレク8035、アステラス薬4503、JT2914などがさえない。東芝6502は半導体メモリー事業売却を巡る不透明感が嫌気されて3%超安。また、第1四半期が営業減益となったニトリHD9843や、三陽商8011、インベスターC1435などが東証1部下落率上位となった。
《HK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below