Reuters logo
日経平均は小幅反発、政権運営の先行き不透明感が重し(訂正)
2017年7月3日 / 06:42 / 3ヶ月前

日経平均は小幅反発、政権運営の先行き不透明感が重し(訂正)


*15:57JST 日経平均は小幅反発、政権運営の先行き不透明感が重し(訂正)
下記のとおり修正します。
(誤)一時20096.14円(前週末比62.71円安)
(正)一時20096.14円(前週末比62.71円高)

日経平均は小幅反発。30日の米国市場でNYダウは62ドル高となり、円相場は良好な米経済指標を受けて1ドル=112円台前半から半ばと弱含んだ。朝方日銀から発表された6月全国企業短期経済観測調査(短観)の改善も好感され、本日の日経平均は22円高からスタートすると、一時20096.14円(前週末比62.71円高)まで上昇する場面があった。しかし、東京都議会議員選挙の結果を受けて政権運営の先行き不透明感が意識され、今週発表される米経済指標を見極めたいとの思惑もあってこう着感の強い展開となった。

大引けの日経平均は前週末比22.37円高の20055.80円となった。東証1部の売買高は16億0109万株、売買代金は2兆0509億円だった。業種別では、鉄鋼、繊維製品、石油・石炭製品が上昇率上位だった。一方、その他製品、金属製品、パルプ・紙が下落率上位だった。

個別では、トヨタ自7203、ソニー6758、SUBARU7270などがしっかり。三菱UFJ8306、ソフトバンクG9984、三井住友8316は小高い。主力大型株の手控えムードから中小型株に物色が向かい、芦森工3526は商いを伴ってストップ高まで上昇。また、トーセ4728、土木管理試験所6171、ボルテージ3639、ジンズメイト7448もストップ高で本日の取引を終えた。一方、任天堂7974は2%安、東芝6502は3%安となり、第一三共4568も疼痛薬の試験結果がマイナス視されて軟調。みずほ8411や東エレク8035は小安い。また、ユニゾHD3258や大光3160のほか、前週末に決算発表したスギHD7649、WNIウェザー4825、アダストリア2685が東証1部下落率上位に顔を出した。
《HK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below