Reuters logo
日経平均は続落、下げ渋りも節目の2万円には届かず
2017年7月7日 / 07:44 / 3ヶ月前

日経平均は続落、下げ渋りも節目の2万円には届かず


*16:37JST 日経平均は続落、下げ渋りも節目の2万円には届かず
日経平均は続落。6日の米国市場でNYダウは158ドル安となった。金融緩和の縮小観測を受けて欧州株がほぼ全面安となった流れを引き継いだほか、6月ADP雇用統計の予想下振れを受けて米景気減速への警戒感も広がった。本日の日経平均はこうした欧米株安を嫌気して137円安からスタートしたが、10時過ぎに日銀が指値オペを実施したことで円相場が1ドル=113円台後半まで下落し、日経平均も下げ渋る展開となった。ただし、米雇用統計やG20を控え、戻りの鈍さも意識され節目の2万円には届かなかった。

大引けの日経平均は前日比64.97円安の19929.09円となった。東証1部の売買高は16億5375万株、売買代金は2兆2732億円だった。業種別では、水産農林、不動産、電力ガス、その他金融が軟調。半面、保険、海運、輸送用機器が小じっかり。

個別ではキヤノン7751、ソフトバンクG9984、三井住友8316、パナソニック6752、セブン&アイ3382が軟調。一方で、任天堂7974、トヨタ7203、SUBARU7270、東エレク、ファーストリテ9983が小じっかり。また、全市場の売買代金上位にインフォテリア3853、トレイダーズ8704が7位と9位に位置するなど、個人の物色意欲の強さも窺えた。
《TM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below