2016年9月26日 / 23:37 / 1年前

視界不良、雲の中へ


*08:31JST 視界不良、雲の中へ
[本日の想定レンジ]
 26日のNY市場は下落。米司法省から巨額の和解金を求められているドイツ銀行への財務に対する懸念が強まり欧州株が全面安となった。この流れを受けて米国株も売りが先行。米大統領選両候補による討論会の内容を見極めたいとの思惑もあり、終日軟調推移となった。原油相場は増産凍結への期待から反発したが、反応は限られていた。ダウ平均は166.62ドル安の18094.83、ナスダックは48.26ポイント安の5257.49。シカゴ日経225先物清算値は大阪比120円安の16280円。
 欧米市場の下落影響から売りが先行しよう。ただし、大阪のナイトセッションの早い段階で安値をつけており、ドイツ銀行の下落影響は織り込み済みの面もある。日銀総裁の発言が金融株への重しとなりそうだが、直近安値水準での踏ん張りを期待したいところであろう。とは言え一目均衡表では雲上限を割り込んでくる可能性が高く、遅行スパンも実線を割り込んでくることから、シグナルは悪化する。雲上限が上値抵抗となるようだと、仕掛け的な戻り売り圧力も警戒されてくる。ボリンジャーバンドでは-1σと-2σとのレンジに移行すり可能性。16300-16600円のレンジを想定する。

[予想レンジ]

上限 16600円−下限 16300円


《TM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below