Reuters logo
買われ過ぎ警戒も戻り売り圧力は強くない
2016年11月23日 / 23:21 / 10ヶ月前

買われ過ぎ警戒も戻り売り圧力は強くない


*08:14JST 買われ過ぎ警戒も戻り売り圧力は強くない
[本日の想定レンジ]
 23日のNY市場はまちまち。感謝祭を明日に控えて閑散取引となる中、利食い先行で始まった。その後は10月製造業・耐久財受注や11月ミシガン大学消費者景況感指数が予想を上振れたことが好感される格好から上昇に転じている。ただし、主要企業決算が嫌気されるなか利益確定の売りも広がり、やや上値の重い場面もみられた。ダウ平均は59.31ドル高の19083.18、ナスダックは5.67ポイント安の5380.68。シカゴ日経225先物清算値は大阪比235円高の18425円。
 シカゴ先物にサヤ寄せする格好から、1月4日の終値ベースでの年初来高値の18450.98円を捉えてくることになろう。ボリンジャーバンドでは上昇する+2σに沿ったトレンドが継続しているが、これを突破してくる可能性があり、やや買われ過ぎが意識されてきそうだ。
 週足の一目均衡表では雲を上放れての推移は継続。月足ベースの価格帯別売買高では、商いが膨らんでいた17500円ところを上回っての推移であり、需給状況は状況。上は19000-19500円処で積み上がっているが、それほど多く積み上がっていないため、戻り売り圧力はそれ程強くなさそうだ。18300-18600円のレンジを想定する。

[予想レンジ]

上限 18600円−下限 18300円


《TM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below