2017年3月2日 / 23:44 / 7ヶ月前

円安に振れやすく支援材料に


*08:36JST 円安に振れやすく支援材料に
[本日の想定レンジ]
 2日の米国市場は下落。前日の大幅な上昇の反動もあり、NYダウは100ドルを超える下げとなった。この流れからシカゴ日経225先物清算値は、大阪比55円安の19555円だった。これにサヤ寄せする格好から、売りが先行しよう。
 ただ、昨日の日経平均は安値引けとやや後味は悪いが、昨年末からのもち合いレンジを上放れてきたため、センチメントは改善されている。3月の米利上げの確率が上昇するなか、円相場は円安に振れやすく支援材料になりそうである。
 ボリンジャーバンドでは一気に+2σ水準まで上昇。買い一巡後の膠着で陰線を形成しているが、+2σのレベルであり、ピーク形成にはならないだろう。一目均衡表では転換線、基準線、雲上限から上放れてきている。一旦は下方シグナル発生が警戒されていた遅行スパンについても、実線に沿った切り返しにより、上方シグナルが継続している。週足では上昇する13週線が支持線として煮詰まり感が台頭するなかで、上値抵抗を突破しつつある。週間形状でのパラボリックは陽転している。19450-19650円のレンジを想定する。

[予想レンジ]

上限 19650円−下限 19450円


《TM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below