Reuters logo
いったんはリバウンドが意識されるタイミング
2017年6月22日 / 23:18 / 3ヶ月前

いったんはリバウンドが意識されるタイミング


*08:14JST いったんはリバウンドが意識されるタイミング
[本日の想定レンジ]
 22日のNY市場はまちまち。共和党上院のオバマケア代替法案の詳細が明らかになると、ヘルスケアセクターを中心に上昇。原油価格が反発したことや、ハイテク大手決算も好感されたが、引けにかけて上げ幅を縮小し、ダウ平均は下落に転じた。ダウ平均は12.74ドル安の21397.29、ナスダックは2.73ポイント高の6236.69。
 シカゴ先物にサヤ寄せする格好から小幅に続伸して始まり、その後はこう着感の強い相場展開となりそうだ。昨日は前日終値を挟んでの狭いレンジ取引となった。連日の陰線形成で上値の重さや戻り売り圧力が警戒されそうだが、5日線が支持線として機能しており、それ以上に下値の堅さが意識されている。
 5日線が支持線として意識されるなか、直近で空けたマドをほぼ埋めていることもあり、いったんはリバウンドが意識されるタイミングになろう。ボリンジャーバンドでは+1σと+2σとのレンジ内で推移しており、+1σ接近で反転か意識されやすい。調整一巡感からの反転が期待されるタイミングになる。20050-20200円のレンジを想定。

[予想レンジ]

上限 20200円−下限 20050円


《TM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below