Reuters logo
+1σと+2σとのレンジ内での推移
2017年6月27日 / 23:03 / 3ヶ月前

+1σと+2σとのレンジ内での推移


*07:55JST +1σと+2σとのレンジ内での推移
[本日の想定レンジ]
 27日のNY市場は下落。欧州中銀のドラギ総裁が欧州のデフレ圧力はリフレに変わったとの見解を示したほか、米6月消費者信頼感指数、地区連銀製造業指数、住宅価格指数が軒並み予想を上回ったことで長期金利が上昇、株式市場では売りが先行。その後、共和党上院がオバマケア代替法案の採決を持ち越したことが嫌気されて下げ幅を広げている。ダウ平均は98.89ドル安の21310.66、ナスダックは100.53ポイント安の6146.62。シカゴ日経225先物清算値は大阪比5円安の20145円。
 引き続きこう着感の強い相場展開が続きそうである。前日の配当再投資といった需給要因がなくなるため、利食い優勢の展開になりやすい。一方で、円安や原油相場の上昇が下値の堅さにつながりそうである。利食い優勢ながら5日線レベルでの攻防といったところであろう。ボリンジャーバンドでは緩やかに上昇傾向にある+1σと+2σとのレンジ内での推移が続こう。20100-20300円のレンジを想定。

[予想レンジ]

上限 20300円−下限 20100円


《TM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below