Reuters logo
ファナック下落分をファーストリテで吸収か
2015年7月28日 / 23:23 / 2年後

ファナック下落分をファーストリテで吸収か


*08:19JST ファナック下落分をファーストリテで吸収か
 29日の東京市場はこう着感の強い相場展開が続きそうである。28日の米国市場では、7月消費者信頼感指数が予想外の低下となったことで利上げ観測が後退し、NYダウ、ナスダックともに上昇。欧州市場の上昇や原油高なども材料視されていた。シカゴ日経225先物清算値は大阪比45円高の20345円だった。

 一方で、注目されていたファナック6954は、通期計画の下方修正を発表しており、ADR(米国預託証券)で8%超の下落となっている。その他、東エレク8035も増益予想から一転減益に修正しており、これらが日経平均の重石となる可能性がある。

 また、ファナックの決算等を受けて、改めて中国の景気鈍化への警戒感が高まる可能性がある。明日の連邦公開市場委員会(FOMC)結果発表を見極めたいとの思惑なども手控え要因につながるだろう。

 一方で、昨日は中小型株の一角に動意がみられるなど、個人主体による物色意欲は根強い。好業績銘柄等をピンポイントで物色する動きも意識される。また、TPP協議に関連する報道などもあり、関連業種への物色が意識されることになろう。

 なお、ファナックの下落は想定されていた面もあると考えられ、ファーストリテ9983や内需系などへの物色から日経平均の底堅さが意識されるようだと、リバウンド機運が高まる可能性はありそうだ。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below