Reuters logo
アップルやバイオ関連、ソニーの業績見通しに関心
2016年5月23日 / 23:32 / 1年前

アップルやバイオ関連、ソニーの業績見通しに関心


*08:28JST アップルやバイオ関連、ソニーの業績見通しに関心
 24日の日本株市場は売り先行も、底堅さが意識される相場展開になりそうだ。23日の米国市場は小幅に下落。円相場は1ドル109円前半での推移となり、シカゴ日経225先物清算値は大阪比140円安の16510円だった。朝方はこれにさや寄せする格好となろう。

 ただし、日経平均の16500-16800円辺りのレンジ相場が続くなか、レンジ下限レベルでの底堅さが意識されるとみておきたい。伊勢志摩サミットを控えて政策に対する思惑が、売り込みづらくさせると考えられる。物色の流れとしてはテーマ性のある銘柄に向かいやすいであろう。

 米アップルが部品供給業者に対し、次世代iPhone向けの部品を従来の予想よりも多く生産するよう要請したと報じられている。電子部品などのほか、有機EL関連などへの波及が意識されやすい。

 その他、ドイツの大手医薬品メーカー、バイエルは、遺伝子組み換え種子の製造・販売で世界最大手のモンサントに対し、日本円にしておよそ6兆8000億円で買収するという提案を行ったと発表。遺伝子などのバイオ株などへは再編機運が高まりそうである。

 「ソフトバンク、テンセントにスーパーセル売却交渉」「日産、カルソニックカンセイ売却」などの報道も材料視されることになろう。また、本日はソニー6758が業績見通しを発表する予定である。熊本地震の影響で発表を延期していたが、アク抜けにつながるかが注目される。同社はAI、自動運転、ドローン、VRといった材料が豊富でもあり、高値を窺う展開となれば、市場のセンチメントを明るくさせよう。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below