Reuters logo
もち合いレンジの下限レベルでの攻防
2016年9月29日 / 23:37 / 1年前

もち合いレンジの下限レベルでの攻防


*08:33JST もち合いレンジの下限レベルでの攻防
 30日の日本株市場は売り先行後は、こう着感の強い相場展開になろう。29日の米国市場は、ドイツ銀行の経営不安が金融システムに与える影響への警戒感から、売り優勢の展開となった。この流れからシカゴ日経225先物清算値は大阪比195円安の16525円となり、これにさや寄せする格好から、日本株市場も売りが先行することになりそうだ。

 ただ、ドイツ銀行に対する経営不安については既に警戒されている要因であるため、ショック安につながることはなさそうである。とはいえ、週末・中間期末要因から積極的な参加者が限られるなかでは、小さなエネルギーでも大きく振れやすくなるだろう。売り一巡後は直近のもち合いレンジの下限レベルでの攻防になりそうだ。その他、日銀のETF買入れや期末のドレッシング買い辺りへの思惑からも、下げ渋りをみせてくることが期待される。

 主力処への物色が限られるなか、個別対応になろうが、このところはM&Aの動きが活発化していることもあり、短期筋の資金が向かいやすいだろう。また、衆院予算委員会で2016年度第2次補正予算案の実質審議が始まることから、政策関連なども注目されよう。政府が成長戦略の柱と位置づける人工知能(AI)研究について、16年度当初予算比で9倍になる924億円を計上したことがわかったと伝えられており、AIやフィンテックなどに注目。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below