Reuters logo
主力銘柄の年初来高値更新が目立ち地合いは悪くない
2016年10月13日 / 23:32 / 1年後

主力銘柄の年初来高値更新が目立ち地合いは悪くない


*08:25JST 主力銘柄の年初来高値更新が目立ち地合いは悪くない
 14日の日本株市場はこう着感の強い相場展開になりそうだ。13日の米国市場は中国経済の先行き懸念や年内利上げ観測が重しとなり、NYダウ、ナスダックともに下落。シカゴ日経225先物清算値は大阪比15円安の16775円だった。この流れを受けて、やや売りが先行することになりそうだ。

 中国の貿易統計を受けた影響は前日に織り込まれているが、中国では消費者物価指数、生産者物価指数の発表を控えており、内容次第では売り仕掛けの材料になる可能性がありそうだ。また、米国ではJPモルガンなど金融株の決算を控えており、これを見極めたいとする模様眺めムードも高まりやすいだろう。

 一方で、指数インパクトの大きいファーストリテ9983の決算通過による見直しが意識されるほか、ファナック6954などが日経平均を下支えしよう。また、ソニー6758、コマツ6301など足元で主力銘柄の年初来高値更新が目立つなど、日経平均はもち合いレンジでの推移ながらも地合いは悪くないとみられる。

 レンジ下限に接近する局面においては、景気敏感セクターを中心とした押し目拾いのスタンス。その他、決算を手掛かりとした個別対応のほか、物色の柱は定まっていないが、VRやブロックチェーン、カジノ、自動運転などのテーマ株の循環物色に向かいそうだ。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below