Reuters logo
波乱相場警戒で短期的な値幅取り中心か
2017年2月27日 / 23:48 / 7ヶ月前

波乱相場警戒で短期的な値幅取り中心か


*08:44JST 波乱相場警戒で短期的な値幅取り中心か
 28日の日本株市場は反発が意識されるものの、イベントを控えてこう着感の強い相場展開が続こう。27日の米国市場ではNYダウが小幅ながら12営業日続伸となった。トランプ大統領の議会演説を控え、発言内容を見極めたいとの思惑から利食い先行となったが、トランプ大統領と州知事との会談での発言等が材料視されていた。この流れからシカゴ日経225先物清算値は大阪比55円高の19195円だった。円相場は1ドル112円65銭辺りと、前日からはやや円安に振れている。

 シカゴ先物にサヤ寄せする格好から、買い先行で始まろう。前日の日経平均は節目の19000円を一時下回ったこともあり、いったんは調整一巡感も意識される。これまでのレンジ内での推移ではあるが、やや自律反発も期待されそうである。もっとも、トランプ大統領の議会演説待ちであり、積極的な売買は手控えられる。短期的な値幅取り狙い中心の売買となりやすく、トレンドは出難いところである。

 また、トランプ大統領の議会演説は米東部時間28日21時(日本時間3月1日11時)からとなる。前場の終了間際となるため、発言等で大きく市場が揺れる可能性がある。波乱の展開も予想されるなか、オーバーナイトのポジションは取りづらい。その為、ポジション調整のほかは、中小型株での値幅取りにとどまりそうである。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below