2017年2月28日 / 23:24 / 8ヶ月前

ポジティブ視された場合の上昇インパクト大きい


*08:18JST ポジティブ視された場合の上昇インパクト大きい
 1日の日本株市場は、トランプ大統領の議会演説の内容等を手掛かりとした物色に向かうことになろう。2月28日の米国市場では、NYダウは13営業日ぶりに反落となった。イベントを前に利益確定の売りが優勢だった。原油相場の下落も嫌気された格好だが、減税やインフラ投資に関する経済政策発表への期待感が下値を支えるなか、NYダウは小幅な下げにとどまっている。シカゴ日経225先物清算値は大阪比50円高の19180円だった。

 底堅いスタートになろうが、トランプ大統領の議会演説が近づくにつれてポジション調整の流れも出やすい。議会演説は米東部時間2月28日21時(日本時間3月1日11時)からとなる。前引け間際にかけて荒い値動きになりそうであり、短期筋の仕掛け的な売買も意識されよう。参加者の多くは急落リスクを警戒しているとも考えられる。出尽くしがコンセンサスとなるなか、ポジティブ視された場合の上昇インパクトは相当大きそうだ。

 また、3月の利上げの確率は2月27日に50%と、24日時点から10ポイント上昇していると報じられている。トランプ大統領の発言によって、米景気加速の期待が高まっている。イエレンFRB議長講演が週末に控えていることもあり、市場の関心は利上げタイミングに移ろう。
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below