Reuters logo
ファーストリテの影響は織り込み済み、金融株への物色意識
2017年7月13日 / 23:34 / 2ヶ月前

ファーストリテの影響は織り込み済み、金融株への物色意識


*08:29JST ファーストリテの影響は織り込み済み、金融株への物色意識
 14日の日本株市場は、引き続きこう着感の強い相場展開になりそうだ。13日の米国市場は予想を上回る経済指標のほか、FRB議長による利上げ慎重姿勢により投資家心理が改善し、緩やかに上昇する展開だった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比35円高の20115円となっている。

 一方で、オプションSQに絡んだ売買が小幅に売り越しと観測されているほか、前日取引終了後に決算を発表したファーストリテ9983については、ADRで2.6%下落しており、これが重石になりそうである。また、AMDが5%を超える下げとなっていることが、ハイテク株を手掛けづらくさせそうである。

 もっとも、ファーストリテについては足元の調整でトレンドが悪化傾向にあったこともあり、織り込まれていた感はある。仕掛け的な売りが出てくる可能性もありそうだが、それ程市場の関心は高まらないだろう。下落影響があったとしても、その後の日銀のETF買い入れへの思惑にもつながりそうだ。

 日経平均は引き続き2万円固めのなか、週末要因もあって物色対象も広がりづらく、結局のところは値動きの軽い中小型株に資金が向かいやすいだろう。決算など個別の材料のほか、テーマ性のある銘柄での循環物色といったところか。その他、米国ではJPモルガンなど金融機関の決算が予定されている。波及効果を意識した金融株への物色がみられるかが注目される。(村瀬智一)
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below