Reuters logo
ツクイ、ディスコ、東邦鉛など
2017年2月7日 / 08:10 / 8ヶ月前

ツクイ、ディスコ、東邦鉛など


7203  トヨタ自  6346  -147反落。17年3月期第3四半期の決算を発表。10-12月期の営業利益は前年同期比39.3%減の4385億円。為替影響が2050億円の押し下げ要因に。同時に、17年3月期の通期営業利益見通しを1兆7000億円から1兆8500億円に上方修正した。コンセンサスでは10-12月期営業利益は4520億円程度、通期で2兆円程度とみられ、これを下回る内容が嫌気された他、足元の円高進行も重なり利益確定売り優勢。

6997  日ケミコン  290  +27急伸。17年3月期の第3四半期決算と通期予想の上方修正を発表。10-12月期の営業利益は14.73億円(前年同期は1.55億円の赤字)で着地。産業機器関連市場や生活家電、通信機器市場の需要増や足元の円安を背景に、通期営業利益予想も15億円から30億円に上方修正。コンセンサスでは、10-12月期で3.56億円程度、通期で11.67億円程度と見られており、大幅に上回る着地と修正内容がサプライズに。

6146  ディスコ  16220  +1920急伸。17年3月期の通期予想を上方修正。営業利益予想を254億円から307億円に引き上げたことで、減益から一転しての増益予想となった他、市場コンセンサス(280億円程度)を上回ったことも好感された。また、期末配当予想も213円から278円に増額。なお、JPモルガン証券ではレーティングを「Neutral」から「Overweight」へ格上げ、目標株価を14500円から17500円に引き上げた。

2914  JT  3632  -61小幅安。16年12月期の連結決算を発表。営業利益は前期比5%増の5933.29億円、17年12月期の営業利益予想は、前期比5.6%減の5600億円を見込む。17年12月期の営業利益コンセンサス(5940億円程度)を下回る予想が嫌気され利益確定売り優勢。17年12月期の国内たばこ販売数は、1985年の民営化以来初の1000億本割れ見込み。なお、決算をポジティブと見ている証券会社もあるもよう。

6871  マイクロニクス  936  -180急落。17年9月期の第1四半期決算を発表している。営業利益は前年同期比71.2%減の2.14億円で着地。上期計画の営業利益6億円に対し、進捗率が35.7%となったことで下ブレ懸念が強まる格好に。高需要であった前年同期の反動を受け、モバイル端末向けプローブカードが苦戦したことなどが背景。なお、上期及び通期計画は据え置いている。

2398  ツクイ  667  -110急反落。17年3月期第3四半期の決算を発表。10-12月期の営業利益は9.22億円で、コンセンサス(12億円程度)を下回る着地が嫌気された。天候要因でデイサービス(DS)のキャンセル率が想定を上回ったこと、町田東館の入居率改善の遅れなどが背景に。なお、SMBC日興証券は、中重度ケア体制や個別機能訓練などの加算取得も順調に進み、同社のDSの競争優位性に対する見方は揺らがないと判断しているようだ。

5707  東邦鉛  548  +30大幅続伸。17年3月期第3四半期の決算と通期予想の上方修正を発表。10-12月期の営業利益は52.82億円。前年同期は10.05億円の営業赤字であり、大幅増益着地が好感された。通期営業利益予想は、37億円から110億円に引きあげた。また、期末配当予想も5円増額の10円としたことも支援材料に。亜鉛を中心とした金属相場の上昇基調を背景に、想定以上の収益力を示したことがポジティブ視されている。

6460  セガサミーHD  1680  -99大幅反落。17年3月期の第3四半期決算を発表。10-12月期の営業利益は197.03億円で、コンセンサス(180億円程度)は上回ったものの、材料出尽くし感が優勢となっているようだ。各種リニューアルの実施に伴う償却費増加などでリゾート事業は苦戦するも、その他の事業は好調に推移した。なお、米系大手証券会社は、レーティングを「中立」に据え置き、目標株価を1530円から1600円に引き上げている。
《XH》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below