Reuters logo
日本ライフL、富士通、JALなど
2017年5月1日 / 06:10 / 5ヶ月前

日本ライフL、富士通、JALなど


5214  日電硝子  772  +81急伸。17年12月期の第1四半期の営業利益は前年同期比52.8%増の79.15億円と、コンセンサス(50億円程度)を大幅に上振れる着地がポジティブ視された。また、上期計画110億円に対する進捗率も約72%に達している。ガラスファイバの販売が堅調だったことが上振れの主な要因。加えて、マッコーリー証券がレーティングを「ニュートラル」から「アウトパフォーム」に格上げしたことも支援材料となった。

2389  オプトHD  1362  +300一時ストップ高で最高値更新。17年12月期の第1四半期の決算を発表。営業利益は前年同期比23%増の10.93億円と大幅増益スタートとなったことが好感された。なお、通期計画(24億円)に対する進捗率は45.5%と好調。マーケティング事業において、新規顧客開拓が好調に推移しており、首都圏に加え政令指定都市を中心に顧客数が増加した。また海外事業の損益改善などが寄与したようだ。

7575  日本ライフL  2737  +500ストップ高。17年3月期の営業利益は前期比107.7%増の76.85億円で、従来予想(68.66億円)を大幅に上振れて着地。自社製品の原価改善や、収益性の高い新商品の売上構成比が上昇したことなどが寄与したようだ。また、18年3月期の通期営業利益も同23.3%増の94.72億円と大幅増益を見込んでいることも評価。なお、野村証券は目標株価を3200円から3800円に引き上げている(Buy継続)。

2788  アップル  379  +80ストップ高。いすゞ自7202と資本業務提携を行うと発表。世界的な流通網の拡大、国内外での子会社フランチャイズチェーンによるいすゞ自動車製中古商用車買取・流通の協働などに取り組むとしており、今後の業績への期待感から関心が向かった。なお、本提携に伴い、第三者割当増資により138万株(発行済み株式総数の9.97%)をいすゞ自に割り当てるようだ。

6702  富士通  752.9  +58.1急伸し年初来高値を更新。17年3月期の営業利益は前期比6.8%増の1288億円で、従来予想(1200億円)を上回って着地。また、18年3月期の通期営業利益が同57.5%増の1850億円と、コンセンサス(1730億円程度)を大幅に上振れたことが好感される格好。ビジネスモデル変革費用の負担減少、海外サービスの回復、国内サービスの増益などが主たるドライバーとなるようだ。

9201  JAL  3263  -257急落。17年3月期の通期営業利益は前期比18.6%減の1703億円で、従来予想(1700億円)に沿った着地となった。しかし、18年3月期の通期営業利益が同16.6%減の1420億円と、コンセンサス(1770億円程度)を大幅に下回る見通しが嫌気された。燃油市況の上昇による燃油費増、エンジン等の整備費増、ITプラットフォームとなる旅客基幹システムの全面刷新などの諸費用の増加が重しとなるようだ。

5406  神戸鋼  1086  +96大幅反発。18年3月期の営業利益見通しは前期比669.3%増の750億円で、コンセンサス(685億円程度)を上振れ。みずほ証券は「鉄鋼事業では、長期契約販売比率が高いため、東アジア鋼材市場下落の影響も限定的だろう」、建機事業では、「インド・インドネシアでの増販を想定し会社は経常黒字転換を見込んでいる」ようだと指摘。予想を上回る損益改善であり、復配も視野に入ってきたと同証券ではみているもよう。

7992  セーラー  31  +2大幅高。17年12月期の第1四半期の決算を発表。営業利益は前年同期比77.7%増の0.48億円で、通期予想130億円に対し進捗率が約37%と好調なスタートとなったことが好感されたようだ。万年筆と万年筆インクの売上が好調に推移し、文具事業の利益率が改善した。またロボット機器事業も、主力製品の射出成形用取出ロボットが好調だったことが背景となっている。
《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below