Reuters logo
Jフロント、東芝、黒田電など
2017年6月29日 / 07:00 / 3ヶ月前

Jフロント、東芝、黒田電など


9843  ニトリHD  15070  -1090大幅続落。前日に18年2月期の第1四半期決算を発表している。営業利益は257億円で前年同期比6%の減益となった。前年同期の売上のハードルが高かったこと、為替の円安を背景に減益となっており、2ケタ増益予想である通期計画に対して、やや低調なスタートと捉えられた。第1四半期末の在庫増加に対しても、マイナス視する動きが先行したもよう。

3086  Jフロント  1746  +139大幅反発。18年2月期第1四半期(IFRS)の営業利益は前年同期比36.8%増の129億円で着地。大丸松坂屋百貨店の免税売上が好調だった他、GINZA SIXの開業コストの影響が限定的であったこと、販管費が抑制されたことなどが背景。上期営業利益を同2.3%減の210億円とする従来予想を据え置いている。一部市場予想で第1四半期は100億円弱とみられており、これを大幅に上回る着地が好感された。

6507  シンフォニア  445  +46急反発。ジェフリーズ証券が投資判断を新規に「バイ」、目標株価を600円としていることが買い材料視された。ファクトリーオートメーションと半導体のバランスの取れたポートフォリオを評価、中期的に安定した利益成長が期待できるとしている。ちなみに、17年3月期まで営業利益は4期連続での2ケタ成長を達成、さらに、18年3月期は前期比45%増の大幅増益を会社側は見込んでいる。

9715  トランスコスモス  2718  +186大幅続伸。三菱UFJモルガン・スタンレー証券では投資判断「オーバーウェイト」で新規カバレッジを開始、目標株価を3100円としている。BPO市場の拡大や同市場において広範な業務領域を有する強みをもつことは、株式市場に十分織り込まれていないと指摘している。中長期的に高い利益成長を予想しているが、18年3月期営業利益も、市場予想の90億円を大きく上回る106億円と想定している。

6502  東芝  277  -10.6大幅続落。前日には、米WD社に対する訴訟を提起したと発表している。WD社との係争長期化、泥沼化が半導体事業売却交渉に影響を与えないか、警戒感も強まっているもよう。前日に開催された株主総会までに優先交渉先との間で事業売却の合意が得られなかったことで、交渉の行方に対する不透明感も強まった他、引き続き上場維持に対するハードルも多いことから、改めて見切り売り圧力が強まる。

6988  日東電  9363  +340大幅続伸。メリルリンチ証券では投資判断を「中立」から「買い」に格上げ、目標株価も8800円から11200円に引き上げている。ライフサイエンスセグメントの中長期的な成長性を反映しているもよう。肝硬変治療薬は、16年11月に提携先企業がフェーズ2試験に入る見込みであるが、ベースケースにおいて、27年3月期営業利益貢献は1145億円と予想しているようだ。

8848  レオパレス21  705  +27反発で高値更新、昨年9月以来の700円台回復となっている。シティグループ証券では業績予想を上方修正、業績不安が遠のいたことからリスクプレミアムを見直して、目標株価を620円から780円に引き上げている。つれて、投資評価も「中立」から「買い」に引き上げているようだ。人手不足を反映して社宅などの法人需要が伸びており、稼働率が急速に改善していると指摘。

4568  第一三共  2615.5  +74.5反発で3月以来の高値水準に。UBS証券では投資判断を「セル」から「バイ」に一気に2段階格上げしている。目標株価も1900円から3400円にまで引き上げ。乳がん治療剤DS-8201aの見方を前面的に修正したもよう。業績は伸び悩みが続いていたものの、DS-8201aの2019年米国上市で、回復基調入りすると考えているようだ。また、株価下落の際は自社株買いの可能性が高まり、下値支持につながるとの見方。

6171  土木管理試験所  1133  +150ストップ高。3Dレーダーを使ってコンクリートや橋の強度を自動で分析する技術を東京大学と共同で開発したと一部で報じられている。従来は1km分の分析に1カ月ほどかかったが、数秒で完了することができるもよう。2020年までに60自治体への販売を目指す計画。すでに同材料を手掛かりに株価は足元急伸しているが、インフラの老朽化が叫ばれる中で、一段と期待感を高める動きになった。

7517  黒田電  2313  +92後場に急伸。29日に開催された同社の株主総会で、旧村上ファンド系投資会社レノが提案した、社外取締役の選任案が可決されたと伝わっている。社外取締役の選任によって、事業規模の拡大や企業統治の改善などを進める狙いのようで、今後投資家にとってポジティブな影響がでてくるとの見方が優勢となった。

1890  東洋建  447  +23大幅続伸で年初来高値を更新。東海東京証券では投資判断「アウトパフォーム」継続で、目標株価を650円としている。国内土木受注は海上土木を中心に堅調が見込まれるほか、海外においては、大型工事であるケニアのモンバサ港コンテナターミナル(2期)を獲得する可能性が高いと指摘。受注の拡大に伴い、18年3月期も高水準の利益率が見込まれるとしている。営業利益は会社計画75億円を大幅に上回る95億円の予想。
《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below