Reuters logo
リクルートHD、阿波製紙、安永など
2017年9月6日 / 07:43 / 20日前

リクルートHD、阿波製紙、安永など


6098  リクルートHD  2345  +169大幅反発。日経平均への新規採用が発表されている。定期入れ替えは9月29日の引けで実施される。みずほ証券の試算では、1500億円超の買い需要が発生、売買インパクトは19日分と想定されているようだ。今後の需給インパクトを先取りする動きに。同社は、有力候補の一社ではあったものの、強く期待感が反映される状況ではなかった。同様に新規採用となった日本郵政6178も買い先行スタートに。

4751  サイバー  3395  -215大幅続落。前日に日経平均の定期入れ替えが発表されたが、有力候補とされていた同社は新規採用にならず、失望売りが先行する形となった。同社は、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、みずほ証券などが採用の有力候補と位置づけ、野村證券、大和証券からも次位候補とされていた。除外となった明電舎6508、北越紀州3865などと同様に売り圧力が強まる格好へ。

6804  ホシデン  1727  -39続落。CB100億円の発行を発表している。成長分野と位置付ける自動車関連、アミューズメント関連、医療・美容・健康機器関連などにおいて、競争力強化を目的とした設備投資資金に充当するもよう。転換価額は2454円で前日終値に対するアップ率は38.96%となる。潜在的な希薄化率は6.85%。最近目立っているリキャップCBのような短期的なプラス要因もなく、潜在的な希薄化をストレートにマイナス視。

3896  阿波製紙  799  +100連日のストップ高。北朝鮮情勢の緊迫感が高まる中、本日も関連銘柄に物色が集中する展開になっている。北朝鮮が電磁気でコンピューターや電子機器などを無力化させるEMP(核電磁パルス)攻撃に言及したことで、EMP対策として電磁波シールドシートに関心が高まっている。なお、同社の他、技研興業9764などもEMP対策関連として連日の急騰となった。

6301  コマツ  3020  +82.5反発。大和証券では投資判断を「3」から「2」、目標株価も2700円から4000円に引き上げた。業績予想の上方修正に伴い、株価に割安感が出たとの見方。今期営業利益は1720億円から2205億円にまで修正、会社計画の1560億円を大きく上回ると予想。中国では、政府主導の「一帯一路」推進により休車率は大幅に低下し稼働時間も上昇、外資系メーカーに対する需要のピークは2018年での更新も視野としている。

6502  東芝  327  +15大幅続伸。「東芝メモリ」の売却交渉において、米ウエスタンデジタル(WD)が経営関与を弱める譲歩案を示したと報じられている。買収時に計画していた1500億円の資金拠出を見送り、独占禁止法の審査を通りやすくするようだ。上場維持のための売却期限が迫り、警戒感が強まる状況となっていたが、期限切れによる上場廃止といったリスクはやや和らぐ状況と捉えられているもよう。

6914  オプテクスG  4345  +375大幅反発。国土交通省では、空港のターミナルビルを訪れる全ての人を対象に爆発物検査をする検討を始めたと一部で伝わっている。東京五輪開催に向けたテロ対策強化の一環のようだ。ビルの入り口にセンサーを置き、爆発物を自動検知する仕組みなどを検討。屋内外の防犯センサーを手掛ける同社にとっては、ビジネスチャンス拡大につながるとの期待もあるようだ。

7271  安永  2212  +252大幅反発。「リチウムイオン電池の寿命を12倍に」との同社の独自技術に対する特集記事が一部で掲載されており、リチウムイオン電池関連として期待感が再燃する形になった。同社が開発した集電体は、施した微細加工でわざと活物質にひびを入れ、はがれにくくするという逆転の発想で耐久力を向上させることに成功。これまでにない高速充電や高出力電池の開発に道を開くものになると期待されている。

6908  イリソ電子  5620  +500大幅反発。みずほ証券は目標株価を5000円から6100円に引き上げている(「買い」継続)。株式市場で期待値は高まっているが、追加的な評価余地は残っていると考えているもよう。ADAS関連の着実な成長、原価低減等による収益性向上、世界的なEVシフトによる事業機会拡大の可能性などとしている。とりわけ、EVシフトによって電動パワートレイン関連が2020年以降の成長ドライバーになるとみているもよう。

7956  ピジョン  4015  +145大幅反発。前日は好決算と業績予想の上方修正を発表したものの、大きく売られる展開となった。本日は前日の説明会を受けて、見直しの動きが優勢となった。米国において、18年1月期より保険が適用される新たな顧客ルートを獲得しているもよう。同ルート獲得により顧客接点は大幅に拡大する可能性が高いようだ。相対的にマージンも高く、同売上の比率上昇によって北米事業の利益率改善が見込めるとの見方に。
《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below