Reuters logo
エイチーム、ローム、チタン工など
2017年9月11日 / 07:16 / 15日前

エイチーム、ローム、チタン工など


4098  チタン工  294  +80ストップ高。特に材料は観測されていないものの、リチウムイオン電池関連の出遅れとして短期資金の関心が高まる格好になったようだ。同社はリチウムイオン電池向けにチタン酸リチウムを提供している。また、10月2日からはノーベル賞の発表が相次ぐが、酸化チタンは毎回候補のテーマとして名前が挙がっており、業界の草分け的存在でもある同社への期待も高まる状況のようだ。

2281  プリマハム  718  +58大幅続伸。野村證券が投資判断を新規に「1」、目標株価を900円としていることが買い材料視された。リストラの過程でスリム化された生産体制を構築済みであり、コスト競争力は高まっている。こうしたなかで、新プラントの稼働による拡販戦略の積極化が期待される状況に。今後2年間で年率12%の営業増益を予想、高い成長力を踏まえれば株価上昇余地は大きいと指摘している。

3662  エイチーム  2928  +440大幅反発。先週末に発表した決算内容が好感された。前7月期営業利益は41億円で前期比84%増益、従来予想の38億円を上回る着地となっている。ゲームアプリの好調で主力のエンターテインメント事業が牽引する格好になった。また、今期は47億円で同15%増益の見通しとなっており、配当金は年間1回に変更しているが前期比5.50円増配の32.50円を計画している。想定以上の業績拡大を見直す動きが先行へ。

3245  DEAR・L  505  +47大幅反発で年初来高値を更新。先週末に今9月期業績の上方修正を発表している。純利益は従来予想の11億円から13.3億円、前期比30.8%増益へ増額修正。同社開発の都市型マンションや収益不動産の売却が好調に推移しているほか、不動産業界向け人材サービス事業も大幅に伸長のもよう。年間配当金も従来予想比2円増額の17円としている。第3四半期までの推移からみて、上振れは想定以上との見方に。

6963  ローム  8800  +580大幅反発。先週末に発表した8月の月次動向が評価材料視されている。8月の売上高は前月比+5-10%と高水準を継続、季節性要因から前月比で低下しやすい傾向があるとみられていただけにポジティブなインパクトに。上半期の会社側売上計画も上回る推移が続いている。新型スマホ向けが立ち上がっているほか、産機、車載、民生、ゲーム向けなどの好調も続いているようだ。

9678  カナモト  3440  -480大幅反落で一時下落率トップ。先週末に第3四半期決算を発表している。営業利益(累計)は121億円で前年同期比14.4%増益と2ケタ増益になった。ただ、上半期決算時に上方修正しているように好業績は織り込み済み、5-7月期営業利益は21億円で同6.7%増と、伸び率がやや鈍っていることなどから、目先の材料出尽くし感が先行しているもよう。九州子会社の減価償却費増加などがやや響く格好になったようだ。

6367  ダイキン  10675  -10売り優勢。ゴールドマン・サックス証券が投資判断を「買い」から「中立」に格下げしていることが響く格好になっている。目標株価も13500円から12200円に引き下げているようだ。直近の銅価格などコモディティ全般の上昇はマイナス材料と指摘、新商品投入によるマージン改善を想定するものの、利益見通しは従来比で引き下げている。カバレッジ銘柄のなかでは相対的に上値が縮小したと捉えているもよう。

6920  レーザーテック  2154  +126大幅続伸で年初来高値更新。クレディ・スイス証券は投資判断を「アンダーパフォーム」から「ニュートラル」に格上げ、目標株価も1220円から1945円に引き上げている。新規大型開発案件の詳細が把握できない中では、21年6月期以降も継続して売上計上されるかは不透明であるが、株価は当面の間、同案件に支えられるとみているもよう。20年6月期営業利益はほぼ倍増の水準を予想している。

4960  ケミプロ化成  414  +48急反発。有機EL関連の材料株として関心が高まる展開になったようだ。明日にはアップルのイベントが開催される。電子部品関連は、足元では車載向けに関心が向かっているため、全般的に期待感は高まっていない印象だが、なかでは有機EL関連銘柄などに期待感が再燃するとの見方が強く、有機EL材料の研究開発を積極化させている同社に物色の矛先が向かう。
《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below