Reuters logo
NISAは思いきった拡充をしないと個人資産1400兆円は動かない
2014年7月14日 / 11:34 / 3年前

NISAは思いきった拡充をしないと個人資産1400兆円は動かない


*11:33JST NISAは思いきった拡充をしないと個人資産1400兆円は動かない
政府は子供NISA(少額投資非課税制度)の創設の方針を打ち出す方針と伝わっている。その他、現行のNISAの枠を200~300万円に拡大することも検討している模様だ。日本の個人資産の総額は1400兆円を超える規模だが、大半が高齢者の預金として銀行に眠ったままだ。今回の方針は高齢者から子供・孫世代にお金がわたり、この個人資産が動き出すことを狙ったものとみることができる。
 しかし、 日本人は長らく続いたデフレのせいで、資産はなるべく現金で持つデフレ根性が染み付いている。デフレ時代は現金の価値が増していくのでそれはそれで正しい戦略だった。また、高齢者は保守的な資産運用となるのも分かる。年金に対する不安も喧伝されている。日本はまだデフレから明確に脱却したのか微妙なところだ。
 NISAを拡充するにしてももっと思い切ったことをしないと上記の1400兆円の個人資産は動かない。
 子供NISAは年間非課税になる110万円の贈与枠の対象となり他に贈与があってこの枠を超える場合は贈与税がかかる制度になるようだ。NISAの期間もいまのところ5年間となっている。期間の延長も検討されているが、総じて小粒な拡充の検討にとどまっている。
《YU》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below