Reuters logo
伊国民投票の行方とレンツィ首相の進退問題
2016年11月29日 / 00:41 / 10ヶ月前

伊国民投票の行方とレンツィ首相の進退問題


*09:36JST 伊国民投票の行方とレンツィ首相の進退問題
 28日の欧州株式は総じて弱含みとなった。12月4日にイタリアで上院の権限縮小などを盛り込んだ憲法改正の是非を問う国民投票が実施されるが、改正が否決された場合、レンツィ首相は辞任する意向を示している。首相の辞任によって国内政局は混乱し、欧州の金融安定化は阻害されるとの見方が株安の要因となった。この影響で米国債利回りは低下し、リスク選好的なドル買い・円売りは一服している。

 国民投票が否決された場合、現政権は崩壊し、予定されている一部銀行への増資実行は投資家が警戒することで困難になるとの声が聞かれている。この場合、銀行の国有化が検討される可能性は高いとみられている。

 市場関係者の間からは「国民投票で憲法改正が否決されても、レンツィ首相は政局の混乱や欧州発の金融危機を回避するために前言を撤回して当面の政権運営に注力するのではないか?」との声が聞かれているが、少なくとも国民投票の結果判明までは予断を許さない状況が続くことになるとみられる。
《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below