Reuters logo
短期的にリスク回避に絡んだ取引拡大の可能性
2017年4月4日 / 00:21 / 6ヶ月前

短期的にリスク回避に絡んだ取引拡大の可能性


*09:18JST 短期的にリスク回避に絡んだ取引拡大の可能性
 3日の欧米市場でドル・円相場は円高方向に振れた。市場関係者の間からは「連邦最高裁判事の候補者が議会で承認されない可能性があること、3月の米自動車販売が低調だったこと、中国が為替操作国に認定される可能性があること、ロシアの地下鉄での爆発が円高進行の要因」との声が聞かれている。

 市場関係者の間では、中国が為替操作国に認定された場合、ドル・円相場にも大きな影響が及ぶ可能性が高いとの見方が浮上している。ドル安・人民元高が急速に進行するとの見方は少ないが、中国経済の減速を警戒してリスク回避的な円買いが増える可能性はあるとの声が聞かれている。

 なお、米商務省によると、2016年におけるモノ(財)の貿易での対日赤字は689億ドルで貿易相手国別では中国に次ぐ赤字額だった。自動車関連の対日貿易赤字は526億ドル。日本が為替操作国に認定されることはないとみられているが、日本政府・日銀は円安・ドル高の進行につながる金融・経済政策を導入することは難しくなるとみられる。
《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below