Reuters logo
対北朝鮮で米中露の3国協調は実現可能か?
2017年7月5日 / 06:50 / 3ヶ月前

対北朝鮮で米中露の3国協調は実現可能か?


*15:48JST 対北朝鮮で米中露の3国協調は実現可能か?
 報道によると、ロシアと中国は4日、中国が策定した緊張緩和に向けた計画に北朝鮮、韓国、米国が参画すべきとの共同声明を発表しました。北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)の開発プログラムを停止する見返りとして、米国と韓国は大規模合同演習を中止し、多国間協議の再開を目指すそうです。一方、米国の国連代表部報道官は4日、北朝鮮のミサイル発射を受け、国連安全保障理事会の非公開会合を開くよう要請しました。

 北朝鮮のミサイル開発・発射を巡って、中国・ロシアと米国は異なる対応をみせていますが、安全保障問題に詳しい一部の識者は「北朝鮮を多国間協議の場に連れ戻す努力は間違っていない」と指摘しており、「米国、中国、ロシアの3者間の利害関係がうまく調整することは容易ではないけれど、実現できれば北朝鮮をコントロールすることは十分可能」と見ているようです。

 中国・ロシアと米国が北朝鮮への対応で一枚岩になることは現実的な見方ではないかもしれませんが、事態が進展し、3国協調への突破口が見えた場合、日本株にとっては明らかにプラス材料。為替についてはリスク回避の円買いが縮小し、ドル高・円安の相場展開になることが予想されます。
《MK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below