Reuters logo
【中国から探る日本株】シャープがiPhone6サプライヤーから脱落か、中国向けに活路
2014年7月11日 / 02:25 / 3年前

【中国から探る日本株】シャープがiPhone6サプライヤーから脱落か、中国向けに活路


*08:14JST 【中国から探る日本株】シャープがiPhone6サプライヤーから脱落か、中国向けに活路
米アップルが今秋にも発売予定とされるスマートフォンの次期モデル「iPhone6」について、シャープ6753が4.7インチモデルのサプライヤーから脱落したと伝わっている。アップルは3番目の液晶パネルの生産委託先として、台湾の群創光電(イノラックス)を選んだようだ。

台湾メディアが報じたもので、すでにサプライヤーとして内定しているジャパンディスプレイ(JDI)6740とLGディスプレイに加え、群創光電が選ばれた。3社目の枠については、シャープと韓国サムスン電子も狙っていた。

報道によれば、サムスンはアップルの競合でもあり、訴訟問題を抱えていることから除外されたという。一方、シャープ製の液晶パネルには、たびたびモアレ(干渉縞)が発生することが確認されており、これが理由で選から漏れたようだ。

とはいえ、iPhone6については、4.7インチのほかにも5.5インチ版が発売される予定で、そのサプライヤーにどのメーカーが選ばれるかは不明。また、日本の一部メディアではこれより先、シャープがiPhone6向けに液晶パネルを供給すると報じており、今回の報道の内容を疑問視する向きもある。

ただ、仮に事実であれば、シャープにとっては現在進めている中国での受注開拓が、ますます重要な意味を持つ戦略となる。今年に入ってからは、急成長中の新興スマホメーカー・小米科技(シャオミ)から「IGZO」の大量受注を獲得したことが明らかとなった。最新報道では、シャオミ初のタブレット端末向けにも「IGZO」を供給するもようだ。


《NT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below