Reuters logo
百貨店、外国人観光客の売り上げ好調
2015年1月7日 / 15:12 / 3年前

百貨店、外国人観光客の売り上げ好調


*15:12JST 百貨店、外国人観光客の売り上げ好調
大手百貨店4社が5日発表した正月三が日の初売りの売上高は、前年同期比で2社がプラス、2社がマイナスとまちまちの結果となったが、外国人観光客の売り上げは軒並み伸び、免税売上高は各社揃って前年比プラスとなった。
大丸・松坂屋を展開するJ・フロントリテイリングの売上高(2~3日)は前年比1.8%増。高級時計などを含む「美術・呉服・宝飾」が17.6%増、紳士服が6.7%増と好調だった。また、免税売上高は3.7倍に拡大し、売上高全体に占める割合は3.4%になった。
そごう・西武(1~3日)は、全国24店舗で約2%増。西武池袋本店では毎年、元日の売り上げが1年のうち最高で、今年も1500種類、15万個用意した福袋が完売した。今年は初めて外国人向けの福袋も売り出し、免税手続きの件数は昨年の3.5倍、免税売上高も約3倍になった。
一方、三越伊勢丹ホールディングス(2~3日)は、全国では2.5%減だった。しかし、外国人観光客が多い伊勢丹新宿店や三越銀座店など首都圏9店舗は2.9%増と堅調だった。
全国売上高が1%減となった高島屋(2~3日)も免税売上高は2.7倍だった。
昨年10月に外国人観光客向け消費税免税制度が改正され、家電、装飾品、衣類、靴、かばん等のほか、免税対象から除外されていた食品類、飲料類、たばこ、薬品類及び化粧品類等も含め、全ての品目が免税対象となったことに加え、円安が後押ししたものと思われる。
2014年12月の既存店ベースの売上高速報でも各社免税売上高は好調で、2015年もインバウンド需要の伸びが売り上げの下支えとなるのか注視したい。



《YU》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below