Reuters logo
韓国からの入境者にMERS警戒、発熱なら一律検査=香港当局
2015年6月4日 / 23:54 / 2年前

韓国からの入境者にMERS警戒、発熱なら一律検査=香港当局


*08:47JST 韓国からの入境者にMERS警戒、発熱なら一律検査=香港当局
中東呼吸器症候群(MERS)の感染拡大防止のため、香港衛生署は1日から、韓国から香港に入る入境者全員に対し警戒レベルを引き上げた。発熱や呼吸器の異常が確認されれば、疑い例として対処する。

韓国から香港を経由して中国広東省に入った韓国人男性(44)は、先ごろMERSへの感染が確認された。韓国人男性は、香港に滞在中、少なくとも100人以上と接触した。これまでに29人が隔離され、観察を受けている。接触した人の中にはその後、マカオと香港を往復した例もあった。

同署は韓国政府に、金姓の男性が香港来訪前に訪れた医療機関2カ所の名前を伝えるよう再三要請したが、これまで回答はないという。韓国は出国規制の実施を見送っている。

このため香港衛生署と医院管理局は、韓国からの入国者に対する警戒レベルを引き上げ、14日以内に韓国ソウルの医療機関を訪れたことがあり、発熱や呼吸器の異常が見られれば、一律に疑い例として対処することにした。

香港衛生署防護センターによると、韓国人男性は、韓国京畿道烏山市民で、LGの品質管理のエンジニア。このほど広東省恵州市で開かれたLGエレクトロニクスのLED品質交流会に出席した。

【亜州IR】


《ZN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below