Reuters logo
中国:主要70都市の10月新築住宅相場、値上がり39→27都市に減少
2015年11月18日 / 02:51 / 2年前

中国:主要70都市の10月新築住宅相場、値上がり39→27都市に減少


*11:47JST 中国:主要70都市の10月新築住宅相場、値上がり39→27都市に減少
中国で不動産市況の回復傾向に停滞感が出始めた。主要70都市のうち、10月に前月比で新築住宅価格(中低所得層向けの「保障性住宅」を含む)が上昇した都市は27都市と、前月の39都市から12都市減少。一方、下落した都市は33都市で、前月の21都市から12都市増加した。値下がり都市が増加するのは、今年2月以来8カ月ぶり。横ばいは10都市だった。国家統計局が18日に報告した。
値上がり27都市のうち、上海市が1.8%で全国最大の上昇率を記録。これにアモイ市(福建省)の1.3%、深セン市(広東省)の1.2%、南京市の1.0%、広州市(広東省)の0.8%、北京市の0.6%などが続いた。一方、値下がり33都市のうち、大連市(遼寧省)とフフホト市(内モンゴル自治区)が0.7%と最大の下落率を示した。以下、岳陽市(湖南省)と襄陽市(湖北省)が0.6%、北海市(広西チワン族自治区)が0.5%、カン州市(江西省)と瀋陽市(遼寧省)が0.4%下げている。横ばいは長沙市(湖南省)、海口市(海南省)、重慶市、昆明市(貴州省)など。
ただ、前年同月比では値上がり都市の数が引き続き増加した。うち深セン市は39.9%高を記録し、上昇率は9月の37.6%から2.3ポイント加速している。

【亜州IR】


《ZN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below