Reuters logo
中国企業のIC・電子部品調達が3割増、16年は45兆円に拡大へ
2016年9月28日 / 00:37 / 1年前

中国企業のIC・電子部品調達が3割増、16年は45兆円に拡大へ


*09:33JST 中国企業のIC・電子部品調達が3割増、16年は45兆円に拡大へ
経済の安定成長や電子機器のスマート化を背景に、中国の集積回路(IC)・電子部品需要は拡大を続ける見通しだ。市場調査会社の易観智庫(エンフォデスク)によると、中国国内の企業によるIC・電子部品調達額は今年、前年比27.0%増の約3兆人民元(約45兆円)に膨らむ見込みという。その後も3割前後の伸びを持続し、2018年には5兆人民元を超えるとみられている。
易観智庫のデータによると、世界的な金融危機の後、IC・電子部品の調達額は成長ペースが大幅に鈍化した。09年の時点では前年比32.8%の成長率を記録していたが、製造業の不振を受けて10年には14.3%まで減速。その後は11年が13.7%、12年が3.3%、13年が3.9%という水準だった。ただ、中国政府が景気対策に力を入れる中、14年は16.0%増と2ケタ成長を回復。15年は24.1%増の2兆4000億人民元へと拡大した。
足元でIC・電子部品の需要をけん引しているのは、スマートフォンやウェアラブル端末などのモバイル機器やスマートテレビをはじめとするスマート家電、車載エレクトロニクス製品などだ。これらの製品に加えて、今後はロボット、無人機(ドローン)、ネットワークカメラといった市場が急拡大するのに伴い、IC・電子部品の需要が高まる見込みという。
例えば無人機市場では、易観智庫の予測によると、16年の販売額が前年比66.7%増の40億人民元に膨らむ見通し。成長ペースは前年の60.0%から6.7ポイント加速する計算だ。17年は72.5%増の69億人民元、18年は63.8%増の113億人民元と、その後も高成長が続くとみられている。

※芯智HD(スマート・コア・ホールディングス:2166/HK)の上場目論見書から作成した。同社は広東省深セン市に拠点を置く半導体商社。各種スマート端末やモバイル端末、車載エレクトロニクス製品に使用されるIC、電子部品の販売を手がける。台湾の晨星半導体(MStar)などから商品を調達し、中国国内の電子機器メーカー向けに販売。販売モデルにはOAO(オンライン・アンド・オフライン)を採用し、国内7カ所の営業所とB2Bプラットホーム「芯智雲城」を販売チャネルとする。

【亜州IR】


《ZN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below