Reuters logo
中国:上場不動産137社の借入額65.1兆円、負債比率は平均77%
2016年9月28日 / 02:32 / 1年前

中国:上場不動産137社の借入額65.1兆円、負債比率は平均77%


*11:29JST 中国:上場不動産137社の借入額65.1兆円、負債比率は平均77%
不動産各社の借り入れが膨らんでいる。上海と深センの証券取引所に上場する137社の合算では、今年6月時点の総資産が前年同期比24.3%増の5兆6300億人民元(約84兆6667億円)に達した。ただ、負債も24.0%増の4兆3300億人民元(約65兆1167億円)に積み上がっている。中国金融情報配信のWindがまとめた統計として、中国共産主義青年団系の中国産経新聞が28日に伝えた。
負債額が100億人民元を超える不動産企業は、43.1%に相当する59社。300億人民元超は23.3%相当の32社に上る。負債の大きい企業は、5741億3300万人民元の万科企業(チャイナ・ヴァンカ:000002/SZ、2202/HK)、5453億3000万人民元の緑地控股(600606/SH)、3249億3000万人民元の保利地産(600048/SH)、1835億7400万人民元の華夏幸福基業(600340/SH)、1599億1400万人民元の招商蛇口(001979/SZ)、1253億5000万人民元の北京首都開発控股(600376/SH)、1178億6000万人民元の和泛海控(000046/SZ)など。
137社の負債比率は、昨年同期とほぼ同じ平均77%で推移した。うち緑地控股は88.36%。負債比率が70%を超えた場合、一般的にリスクが高いとされる。
一方、大手銀行18社の不動産企業向け融資は6月末時点で4兆1000億人民元。1~6月で385億4000万人民元拡大した。なかでも中信銀行(CITICバンク:998/HK)は、貸出を407億5100万人民元増やしている。

【亜州IR】


《ZN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below