Reuters logo
北朝鮮核開発支援の中国企業、米司法省が訴追
2016年9月28日 / 04:06 / 1年前

北朝鮮核開発支援の中国企業、米司法省が訴追


*13:01JST 北朝鮮核開発支援の中国企業、米司法省が訴追
米司法省は26日、北朝鮮の核開発を支援した疑いのある中国企業、遼寧鴻祥実業集団を刑事訴追するとともに、経済制裁の対象にすると発表した。同省によると、鴻祥実業集団は数十のペーパーカンパニーを使って北朝鮮の制裁回避を支援し、マネーロンダリング(資金洗浄)を行った疑いがあるという。米国が中国企業を制裁対象にしたのはこれが初めてだ。複数メディアが伝えた。
併せて、鴻祥実業集団の馬暁紅・董事長ら経営陣4人も訴追された。また、鴻祥実業集団と経営陣4人の資産が凍結されている。凍結の対象には、銀行口座25口座とペーパーカンパニー21社が含まれる。
中国外交部の耿爽・副報道局長は27日の記者会見で、「いかなる国であっても、その国内法に基づいて中国の団体や個人に対して管轄権を拡大することに反対する」と述べ、米司法省の訴追に反対の立場を表明した。
中国外交部はこれ以前に、中国の当局が経済犯罪の疑いで鴻祥実業集団への捜査を始めたことを明らかにしている。

【亜州IR】


《ZN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below