Reuters logo
中国:「万達城」国内15カ所に拡大へ、低コストでディズニーに対抗
2016年9月29日 / 00:17 / 1年前

中国:「万達城」国内15カ所に拡大へ、低コストでディズニーに対抗


*09:12JST 中国:「万達城」国内15カ所に拡大へ、低コストでディズニーに対抗
中国のコングロマリット、大連万達集団がこのところ、大型のテーマパークと組み合わせた複合商業施設「万達城」の建設を加速させている。すでに江西省南昌市と安徽省合肥市に開業しており、2020年までに国内で15カ所、国外でも3~5カ所を設ける計画だ。同集団の王健林董事長は、米ディズニーのテーマパークをライバルと名指しし、「低コストの建設・運営で圧倒する」と“宣戦布告”した。証券日報が27日付で伝えた。
「万達城」は屋外型のテーマパークやホテル、ショッピング施設、スポーツ施設、文化施設などを組み合わせた形で、1カ所目の「南昌万達城」が4カ月前にオープン。さらに9月24日、2カ所目の「合肥万達城」が開業した。
「合肥万達城」はこのほど開業した第1期部分だけで面積が160ヘクタール。観光・文化関連の建設投資額が240億人民元(約3610億円)だというが、テーマパーク部分のみでは20億人民元と低コストに抑えた。面積は東京ドーム8.5個分の40ヘクタールで、安徽省に伝わる「徽文化」をテーマにした33の中華風アトラクションが並ぶ。
王董事長は「同じ面積のテーマパークだとすれば万達城の建設コストはディズニーランドの8分の1。管理コストも5分の1以下だ」と語り、市場競争力の強さに自信を示した。「合肥万達城」全体で、年間来客数は延べ2000万人を見込んでいる。

【亜州IR】


《ZN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below