Reuters logo
OPECの減産合意で原油、資源価格ともに上昇基調に!? サンワード貿易の松永氏(三井智映子)
2016年9月29日 / 06:02 / 1年前

OPECの減産合意で原油、資源価格ともに上昇基調に!? サンワード貿易の松永氏(三井智映子)


*14:56JST OPECの減産合意で原油、資源価格ともに上昇基調に!? サンワード貿易の松永氏(三井智映子)

こんにちは、フィスコリサーチレポーター三井智映子の「気になるレポート」です。

9/28夜のNY原油、価格が大きく上昇しましたね。その背景にはOPECの減産合意があります。あまり期待されていなかった中、2008年以来となる合意を受けて、市場はポジティブに動きました。
松永さんによると、
『26日から開催されていたOPEC諸国とロシアによる増産凍結に向けた産油国会合では、増産凍結合意に至りませんでした。しかし、OPECによる減産が暫定合意に至りました』とのことです。
今回、OPECの減産の合意は暫定合意で正式合意ではありませんが、
『正式なOPEC生産枠と各国の目標生産量などは11月に開催されるOPEC定例総会で話し合われて減産が正式合意に至る見通しとなりました』とのこと。
『OPECの現在の石油生産量は日量3324万バレル付近ですから、OPEC生産枠を日量3250~3300万バレルにすれば、日量24~74万バレル程度の減産となる計算です』とおっしゃっていました。

今後の動きについては、
『11月のOPEC定例会合で減産の正式合意が行われるとの見方が有望視されるようになってきました。11月のOPEC定例総会に向けて原油市場の堅調地合いが続きそうです。そして、原油価格の上昇により、しばらく資源価格の上昇も続くと考えるべきかもしれません』とのことですので、しっかりウォッチしてまいりましょう!

上記の詳細コメントは、ブログ「松永総研~北浜の虎と呼ばれた男~」の9月29日付「原油市場」にまとめられていますので、ご興味があればご覧ください。

フィスコリサーチレポーター 三井智映子



《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below